バイク便に適しているバイクは、カワサキDトラッカー。

バイク便で人気の車種の中で唯一のオフ車は、「カワサキDトラッカー」

バイク便の業者は、バイクや自転車なども利用し、軽四輪を利用して荷物を配送するなど、早く到着できる手段を利用し、お客さんの荷物を最短で運ぶことを考えています。

素人から見ると、バイク便はなんとなくスクーターよりも、オフ車が多いというイメージがあったのですが、それは少なくなってきています。現在、オフ車の中でバイク便のランキングに登場しているのはカワサキDトラッカーのみとなっています。

しかしこのカワサキDトラッカーは、カワサキらしい独自のフォルムを持っており、カラーリングやデザインは美しく個性的です。

バイク関連の仕事をされている方も、バイク便の仕事をされている方も、バイクが好きな人も、このカワサキDトラッカーはファンがとても多いです。

ストリートスポーツと呼ばれているカワサキ Dトラッカーの特徴とは?

スムーズな駆け上がり、鋭いレスポンスなどの性能は、バイク便にも必要不可欠な事ですが、これを実現しているのが、水冷DOHC4スクータートローク単気筒エンジンです。

スリムなペリメターフレームを搭載し、前後のサスペンションはオンロード走行に最適な専用のセッティングと、特徴的なシステムを採用しています。

ブレーキシステムにはフロントに外径300mm、リヤに240mmというペダルディスクを採用していることにより、とてもよいコントロール性能を持っています。

バイク便は書類だけではなく、時に、ある程度重さのある荷物を運ぶこともあります。

規定量で収まらない場合、軽四輪の配送に切り替える場合もありますが、規定量内であれば、配送しなければならないので、コントロール性能が優れているバイクでないと、荷物を運ぶという点で、とても危険性が高くなるのです。

こうしたことを踏まえてみると、カワサキDトラッカーは、非常にバイク便に適したバイクで、さらに小回りが利き、アグレッシプに動いてくれるバイクなので、運転していてもストレスが少ないです。

バイク便はいち早く荷物を届けるという目的がありますので、バイクがしっかり安定性をもって動いてくれるということが大切です。

つまり、ライダーのいう事をよく聞いてくれるバイクでないと、バイク便としての機能性が低くなるということになってしまいます。

こうした点を考慮してみても、カワサキDトラッカーはバイク便に最適なバイクと言えます。

都心でバイク便業者に利用されているバイクランキングにおいても、この様なオフ車はランキングにこのカワサキDトラッカー以外は出現してきませんが、地域が変わると上位に出てくる車種も出てきます。

東京、大阪、神奈川にもバイク便が多数あり、カワサキDトラッカーが使用されていることもあります。

FXのメリットについて詳細解説します。

FXのメリット

国内でFX取引をしている人は、数百万人いると言われています。海外FXのスプレッドはとても狭い業者もあるので、海外FXも現在人気です。

では、FXはなぜここまで注目される投資なのでしょうか?大きなメリットは、次の3つです。

【FXの3つのメリット】
1. 少ない金額で始められる
2. 平日24時間いつでも取引できる

一つ一つ詳しく解説します。

少ない資金で始められる(レバレッジが効く)

FXは、口座に入っている資金の最大25倍の金額の取引ができます。そのため、少ない資金で始められます。海外FXは、最大1,000倍までレバレッジを効かせられます。

これを可能にしてるFX特有の仕組みが、「レバレッジ」です。レバレッジは「てこの原理」ともいい、「小さな力で大きなものを動かす」ものです。

例えば、1ドルが100円の場合、本来は、1万ドルを買うためには100万円が必要です。しかし、レバレッジ(25倍設定)を使うと、4万円(100万円÷25倍)があれば1万ドル購入できます。

ただし、レバレッジには注意していただきたい点があります。それは、最大25倍の取引ができる反面、同じ分だけ損失を被る可能性もあることです。このレバレッジのリスクは非常に重要です。

平日24時間いつでも取引できる

株式取引は平日の9時から15時まで(昼の11時30分から12時30分を除く)しか取引ができませんが、FXは平日24時間取引できます。

実際の取引時間はFX会社によって若干異なります。なお、サマータイム(3月の第2日曜日から11月の第1日曜日)適用時は、それぞれ1時間ずつ早まります。

そのため、FXは、会社員でも仕事から帰宅後の夜に副業でトレードすることもできます。また、日本が月曜日から金曜日の祝日の場合でも海外市場は空いているので、祝日でもFXは取引できます。

ただし、FXは平日24時間取引可能とっても、常に一定の取引量があるわけではなく、時間帯によって活発に取引されやすい時間帯があります。早朝や祝日は参加者が少なく、買いたいレートで買えなかったり、売りたいレートで売れなかったりする場合があるので、こちらの点に注意しましょう。

では、活発に取引されやすい時間はいつなのでしょうか?具体的には、以下の3つの時間帯です。

アジア(東京):日本時間の9時~12時
ロンドン:日本時間の15時~18時
ニューヨーク:日本時間の21~25時

このように、FX取引が活況になる時間帯は、

①アジア(東京)→ ②ロンドン → ③ニューヨーク

と推移します。また、時間帯によって活発に取引されやすい通貨ペアも変わってきます。そのため、取引時間ごとの通貨ペアの値動きの特徴をよく把握して売買することが、FXで稼ぐコツになります。

筋肉サプリBCAAの効果と副作用とは?

BCAAの副作用

BCAAは一般的に、人体に無害な成分だといわれています。過剰摂取しない限り副作用の心配はないでしょう。

しかし、一回の摂取で吸収できるBCAAは約5gが限界だと一般的に言われています。

なので、一度の摂取量は5g以内に抑えるがおすすめです。

ただし、飲みすぎは内臓に負担をかけるので、サプリから摂取は、1日15gまでにするといいでしょう。

BCAAの効果的な飲み方とは?
BCAAの飲み方は特に決まっていません。粉薬のように流し込んでもいいですし、液体に溶かして飲んでも構いません。注意点は、溶けにくい性質があるので、完全に溶かすには多めの液体が必要になります。

また、牛乳などのたんぱく質を多く含む乳製品と一緒に飲むことはしない方が良いでしょう。

乳製品には、BCAAと競合する必須アミノ酸「トリプトファン」が含まれているので、中枢性疲労が発生するという検証結果があります。

なので、BCAAは水やスポーツドリンクと一緒に飲むのがおすすめです。

BCAAは、身体への吸収が早いサプリです。摂取した約10分後から効果が上がり始め、約30~50分後に血中濃度がピークに達します。

なので、運動前の約40分前に摂取することで、トレーニング開始直後から、BCAAの効果の恩恵を受けることが可能です。

ピークに達した血中濃度は、その後、緩やかに約2時間後かけて通常状態に戻っていきます。1回のトレーニングが60分以上続く場合、運動中に再度摂取するというのも効果的でしょう。

次に筋トレサプリ(BCAA)のおすすめをご紹介します。

おすすめのBCAA

ヨーロッパNo.1のスポーツサプリブランド「MYPROTEIN」のBCAA

メーカー:マイプロテイン
サイズ: 1,000g、500g、250g
味:10種類
価格:3,410円

ヨーロッパNo.1のスポーツサプリブランド「MYPROTEIN」のBCAAです。

バリン:ロイシン:イソロイシンが、黄金比率と呼ばれる1:2:1の割合で配合されています。

厳しい採点を行っている独立検査機関Labdoor社から、最高のAランク評価を獲得しています。世界的に人気のある、パウダータイプのBCAAです。

購入はイギリスからの個人輸入になります。

BCAA配合のHMBサプリバルクアップHMBプロ

販売 株式会社bonds
入数 150粒
1日の推奨粒数 5粒
定期価格 5,250円
1日分の価格 175.0円
返金保証期間 90日間
HMB配合量 2,000mg
配合成分数 6種類

現在、筋肉の成長に必要な成分がオールインワンで配合されている「HMBサプリ」が人気を集めていますが、BCAAが配合されている製品もあります。

おすすめは、2017年度の顧客満足度No.1に選ばれたバルクアップHMBプロです。(※楽天リサーチ調べ)

BCAAだけでなく、HMBを主成分に、クレアチンやグルタミンなど、筋肉の成長に欠かせない栄養成分が一つにまとめられています。

筋トレ初心者~中級者は、筋トレ時のサプリメントは、このHMBサプリとプロテインを飲んでおけば、十分といえます。

90日間の全額返金保証も付いているので、効果が実感できない場合にも安心です。

ビットコインキャッシュとは何?ビットコインとの違いは?

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュの5つの特徴

  • ビットコインが本来目指していた思想を引き継ぐプロジェクト
  • 中央集権に近づくビットコインから分岐し非中央集権を目指す
  • ビットコインの問題である送金件数を拡張した通貨
  • 誰もが利用可能できるために手数料の安さを目指す
  • オンチェーンでのトランザクションを徹底

ビットコインの分裂から誕生

ビットコインキャッシュは、ビットコインの分裂から誕生 2017年8月1日、ビットコイン初の分裂により誕生した仮想通貨です。

分裂の背景に、ビットコインの「スケーラビリティ問題」が存在します。「スケーラビリティ問題」とは、ビットコインネットワークの処理能力が制限されていたため、ビットコイン取引の拡大に伴って未処理の取引が溜まり、平均処理速度が低下し処理手数料が高騰する問題です。

この問題の解決には、「セグウィット(Segwit)」と「ビッグブロック(Big Block)」の2通りの方法が提案されました。

セグウィットの場合、取引データ自体を圧縮するので、ネットワークの処理能力が変わらなくとも、処理のスピードが上がります。セグウィットは、仮想通貨の永久的分裂を伴わない「ソフトフォーク」によるものです。

これに対し、ビッグブロックは処理能力を向上させることにより、ネットワークの混雑を解消します。この方法は取引記録台帳の分岐を生じさせるため、仮想通貨の永久的分裂を伴うハードフォークに該当します。

この初のハードフォークによる分裂でできたのが「ビットコインキャッシュ」です。

「ビットコインキャッシュ」と「ビットコイン」の違い

ビットコインから派生したので、基本的な仕様はビットコインと同じですが、ネットワークの処理能力を象徴するブロックサイズは、ビットコインの場合は上限が1MBであるのに対し、ビットコインキャッシュは8MBとなっています。

ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュの後、ビットコインが複数回意図的に分裂され、ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)などの仮想通貨が新たに誕生しましたが、セキュリティ面の対応や運営状況の問題で市場の受入具合にばらつきがあります。

それに対し、現状ビットコインから分裂した通貨で最も認知度が高く、取引量が多いのはビットコインキャッシュです。今後さらなる利用の拡大が見込まれています。例えば、米大手取引所コインベース(Coinbase)への上場、ビットコイン決済大手のビットペイ(Bitpay)におけるビットコインキャッシュの採用などがあります。ビットコインキャッシュ以外には、サニーコイン仮想通貨tradespace仮想通貨などがおすすめです。

仮想通貨リップルとは、どの様な通貨?

仮想通貨リップル(Ripple・XRP)とは、送金/決済に特化した仮想通貨です。リップルというのはプラットフォームで、技術そのものです。もしくはそれを開発したRipple社のことを意味していて、通貨自体は「XRP」という単位で表されます。

XRPは2013年12月22日に「XRP Ledger」にて発行されました。このXRP LedgerはXRPの動作に関わるもので、ビットコインにおいてのブロックチェーンにあたるものです。

発行枚数は1000億XRPで、プログラム上これ以上追加発行されることはありません。

最小単位は0.000001XRP(小数点以下第6桁)で、0.000001XRPのことを「1 drop」と表します。つまり1XRPは100万dropsです。

リップルの最終的な目標は、価値のインターネット(Internet of Value、IoV)を実現することです。

価値のインターネットとは、普段私たちがインターネットのメールやSNSを用いて意思疎通ができるように、価値の移動も国をまたいで手軽に、迅速に、低コストで行えるようにするという構想です。なので、送金や決済に特化した通貨となっています。

デジタル資産(Digital Asset)という名称は、Ripple社がXRPのことを呼称する時に利用している呼び名です。

注意点として、リップルの通貨の単位は「REP」ではなく、「XRP」というものがあります。

リップルの基礎情報

リップルの基礎情報

通貨名 Ripple(リップル)
通貨略号 XRP
通貨リリース 2013年
発行枚数 1,000億枚
時価総額 3位
運用会社 Ripple.Inc
代表者 Brad Garlinghouse
公式サイト https://ripple.com/jp/

時価総額3位のリップルは、仮想通貨の中で特に高い人気と注目度を誇ります。更にリップルの発行枚数は1,000億枚と、非常に多いのが特徴的です。ビットコインの約2,100万枚と比較しても一目瞭然です。ただし、リップルは既に1,000億枚のコインが全て発行されています。

この点は、コインが継続的に発行されるビットコインなどと異なります。ちなみに、jbcoinという仮想通貨をご存じでしょうか?これから伸びる可能性のある新興の仮想通貨です。ぜひ取引所で取引してみてください。

リップルと他の通貨の相違点

  • ビットコインなどの仮想通貨:取引承認時のマイニングの作業で、コインが新規発行される
  • リップル:上限の1000億枚が発行済みなので、マイニングの作業がない

通貨発行の仕組みを分かりやすくまとめると、このような違いがあります。

そもそもリップルは、イーサリアムやビットコインなどと仕組みが大きく異なる仮想通貨なのです。