ブックメーカーとは何?

ブックメーカーとは賭けの胴元であり、現在ヨーロッパで最も主流になっているギャンブルのことです。

ブックメーカーは、1790年代にイギリスの競馬場で発祥しました。さらに、1960年にイギリス政府公認となりました。

現在、欧州各地にブックメーカーの会社が設立されていて、ユーザー数は欧州だけでも100万人以上いるといわれています。

最近はアジアでもブックメーカーを商品として扱う会社が増えてきました。

最近では、インターネットの普及により、売上の半数以上がオンラインベッティング(インターネットサイトでの賭け)になっています。

また欧州圏外の顧客も増加していて、現在では数十兆円の市場規模になりました。

ブックメーカーは、海外の業者ですが、日本向けのサイトもあり、ベットの仕方なども日本語で丁寧に解説をされているので、誰でも簡単に利用できます。

手数料も少額で、出金時にわずかに発生します。しかし、全くの無料の場合や、一定の条件を満たせば無料で引き出すことができる仕組みになっている場合が多いです。

日本語で解説されているサイトがあり、サポートも日本語に完全に対応をしていて、24時間いつでも対応してくれるところもあります。

ブックメーカーの最大の魅力は、スポーツだけでなく世界のイベントに賭ける事が出来ることです。プロ野球・Jリーグ・テニス・F-1・選挙などが賭けの対象です。スポーツから政治まであらゆるジャンルのイベントが賭けの対象になっているので楽しめます。

自分のライフスタイルに合わせて、好きな時間に好きなコトに対して楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です